にんにく卵黄 おススメ商品ごとの比較

江戸時代のころから栄養効果の高い食品として九州の一部の地域ではにんにく卵黄が利用されてきたそうです。
現在はそのにんにく卵黄がとっても飲みやすいサプリメントになって、たくさんの人たちが健康のための効果を期待して愛飲する事態になりました。
それはとっても良いことなのですが、あまりにもたくさんの種類のにんにく卵黄サプリが出回っているので、それぞれのサプリを比較してチェックしながら選ぶのがとっても難しいです。
今注目されている人気のにんにく卵黄サプリを比較してみました。

 

健康家族 伝統にんにく卵黄+アマニ

1億2千万個も売れた人気のにんにく卵黄
ニンニクの臭いが気にならない植物性カプセル
初めて購入した人の98%が定期購入している
農薬や化学肥料を使っていない九州宮崎産の有機ニンニクを使用
栄養たっぷりの餌で育てられた鶏の有精卵を使った

 

国産にんにく玉ゴールド

未だに古からの伝統製法で作り上げられる丸粒タイプ
一般的なソフトカプセルと比較するとにんにくの有効成分量がおよそ6倍以上に
伝統製法だからニンニク本来のパワーを引き出せる
国産ニンニクとビタミンEたっぷりの若鶏の卵黄

 

やわたの熟成にんにく卵黄

黒く熟成したニンニクは本来のパワーを凝縮
全額返金保証がついているから安心です
青森の福地六片ホワイトを熟練したプロが熟成させ栄養効果がアップ
熊本で平飼いされている有精卵のみ使用

にんにくの効果 & 卵黄の効果

滋養強壮や疲労回復効果を求めて様々なサプリメントや栄養ドリンクが発売されていますが、にんにく卵黄もそういった効果を狙って買い求めたり、あるいは継続して毎日飲んでいる人もいます。
何を根拠ににんにく卵黄が体に良いと言われているのでしょうか。

 

にんにくは前述の疲労回復とか滋養強壮以外にも血液をサラサラにして動脈硬化を予防したり、生活習慣病を予防する効果があるとネットや雑誌などでも紹介されています。ただこれは医学的にこのような病気を防いだり治療したりする効果があると証明されているわけではありません。
にんにくに含まれているアイリンという成分がにんにくを切ったりおろしたりすることでアリシンが発生するのです。このアリシンこそにんにくの臭いのもとになっているもので、様々な効果効能があると言われているものなんです。
では実際アリシンにはどんな働きがあるのでしょうか。

にんにくの効果を比較

その一番手は抗菌と殺菌作用です。実はアリシンそのものの効果効能はこれがメインなのです。それ以外の様々な働きについてはアリシンが他の物質や環境条件により変化し行く過程で発生するものなんです。
アリシンは糖の代謝を促進してビタミンB1と結びつく性質があって、しかもビタミンの効果を長く保つ作用があるのです。
元々疲労を回復させる効果がるビタミンB1がビタミンB1が血液中に長くとどまることで疲労回復効果をより期待できるということになります。
またアリシンは熱で分解されてしまうのですが、その時に生み出されるのがジアリルジスルフィドというイオン化合物なのですが、この物質が血中脂肪の燃焼を促します。それでコレステロールの値を下げる働きがあるのでは考えられていますし、そのほかにも抗酸化作用でがんを抑制したりピロリ菌の除菌効果もあるのではないか考えられているそうです。

 

スーパーなどでは比較的安く手に入る卵ですが、実は卵には必要な栄養素がほとんど含まれていると言ってもいいほど栄養価の高い食品なのです。その中でも卵黄は卵白と比較しても圧倒的に栄養素の宝庫なんです。
卵黄にはビタミンやミネラルなど必要な栄養素がたっぷりと入っているんです。その中でも特にすごい成分なのがレシチンです。
レシチンは天然の乳化剤ともいえる素材で様々な効果効能があると言われています。
例えば、悪玉コレステロールを取り除いたり、コレステロールの値を下げたりする効果があるのではと考えられています。

 

ニンニクと卵黄を結び合わせることで、さらに良い相乗効果が期待できるのだそうです。

 

にんにく卵黄を効果的に飲むうえでの注意点

日頃の健康のお供ににんにく卵黄を継続して飲み続ける場合には、副作用など体に悪い影響が出ないか心配になります。
にんにく卵黄は薬ではありませんから、副作用や体に悪い影響を与えるということはないそうです。

 

ただサプリメントですから医薬品に比較すると副作用のリスクは低いとは言えますが、それでも飲みにあたっては多少の注意が必要です。
まずは飲みすぎには注意することです。
時々にんにくも卵黄も体に良いものだからたくさん取ったほうがいいのではと考えて、にんにく卵黄を定められた量よりも多めにとる人がいます。ですがこれはNGです。
決められた容量以上に飲んでしまえば何らかの原因で予期せぬ問題が体に起こる場合もあるからです。
例えば体のどこかが出血してしまった場合に、血が止まりにくい現象が起こるかもしれません。それににんにくは刺激が強いので取る量が多ければ胃や腸の消化器官にも負担を与えてしまいます。
ですから薬と同じように定められた量を守って飲めば安心して長く飲み続けることができるのがにんにく卵黄です。

 

もし、病気の治療のために普段から薬を飲んでいるのならちょっと注意が必要です。ある種の薬とにんにく卵黄を一緒に飲むことで副作用に似た症状も出る可能性がありますから、事前に担当医に相談をしてからにんにく卵黄を飲むようにしましょう。